台湾旅行を楽しむために【スリに注意!】知っておくべき防犯対策

台湾 防犯・トラブル

日本は世界でもトップクラスで治安がいい国です。外国の人が、日本にくると日本人の過ごし方にビックリされる方も多いんです。

だから、逆に、私達日本人は海外旅行するときは気を付けなければいけません。日本で過ごすようにのほほんとしていると犯罪に巻き込まれてしまうことも…

それは、台湾旅行でも同じ。台湾旅行を思いっきり楽しむために知っておくべき情報を紹介します。

 




台湾では治安が悪いの?

台湾の治安は、比較的良いといわれています。ですので、日本人も安心して観光することができています。

しかし、日本の治安と比べると、台湾の犯罪発生率は高いです。

 

特に、人ごみの多い場所夜の人気のない場所は注意が必要です。
人ごみの多い場所ではスリが、夜の人気のない場所はひったくりに合う可能性があります。

 

また、深夜に人気のない場所などに行くことは犯罪事件に巻き込まれる可能性があるので、絶対にいってはいけません。

 

台湾の最新治安情報は外務省の海外安全ホームページで確認することができます。
現在の台湾の治安状況や、過去の日本人被害の事例など見れるので事前に確認しておきましょう。

外務省海外安全ホームページ

 

台湾旅行での防犯対策

・バッグの持ち方には注意
荷物を持つときは道路側には持たないようにしましょう。ショルダーバッグを持つ場合は必ずたすき掛けにして、バッグが自分の前に来るようにしてください。

台湾では、たくさんの人がバイクに乗っています。ですので、歩道や市場でも平気でバイクが走ってきます。バイクが横を通るときは常に注意するようにしてください。

夜市や人気観光地は人で溢れかえります。バッグは必ず前にしましょう。リュックの場合も背中には背負わず前に持ちましょう。

 

・貴重品は持ち歩かない
貴重品や現金(日本円)などは、極力持ち歩くのを避けましょう。ホテルのフロントや、ホテル室内についているセーフティボックスに預けることをおすすめします。

 

・安易に人を信じない
親切そうに話しかけてくれた人が、犯罪者ということもあります。現地の人との交流も旅の楽しみの一つですが、安易に人を信じ込まずコミュニケーションをとるこもと重要です。

 

・パスポートは出発前にコピーしておく
パスポートは自分の身分証明する唯一の証明書です。もしパスポートを失してしまったり、盗難にあったときにコピーがあれば、パスポートのコピーが一時的な身分証代わりになります。

 

まとめ

世界的に見ると、台湾は治安の良い国と言われています。しかし、日本の治安と比べるとそこまで良いと言い切れないのが事実。

日本で暮らす感覚で、台湾旅行していると犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。

 

現地で旅行を楽しむのはもちろんですが、旅行を最高の思い出にするために自分の身は自分で守りしっかりと防犯対策をしましょう。