【台湾の単位】1斤=何グラム?1升=何リットル?お茶の兩って何?

台湾 言葉

台湾の市場などに行くと、量り売りで売られている場合があります。日本とは違う単位が表示されているの、戸惑う場合があります。

私もお土産に台湾茶を買おうと思って茶葉店に行ったとき、全然聞きなれない単位に驚きました。

買い物などの時に覚えておくと便利な「台湾の単位」を紹介します。




台湾の単位

重さの単位

公斤(コンジン)
1公斤=1kg

公克(コンクー)』
1公克=1g

台湾では一般的に、『公斤=キログラム』、『公克=グラム』を表す単位として使用されてます。

 

市場などに行くと、またちょっと変わった単位が表記されていることも…
覚えておくと便利な重さの単位です。

斤(ジン)
1斤=約600g

日本では食パンの重さを表現するのに聞き馴染みがありますが台湾では重さの単位として用いられています。
半分の約300gの場合は「半斤」と表示されている場合があります。

 

 

兩(りょう)
1兩=約37.5g

『兩』は斤よりも小さな単位を表します。
主にお茶の単位などで使用されています。

1斤=16兩=約600g
半斤=8兩=約300g
これが基本なので覚えておくと便利です。

 

容量の単位

升(ショウ)
1升=約1.8リットル

こちらは日本人にもお馴染みの単位。
台湾ではとても身近にこの『升』という単位を使って容量を表しています。

 

まとめ

以上、台湾で覚えておくと便利な単位でした!
日本でも使われてはいるけど、
「一体この単位って何グラム?」「何リットルだっけ?」
となる場合もあると思うので、知っておくと現地でお買い物時に私のようにパニックにならなくて済みますよ~笑